メンズ

女性のための育毛剤|印象がガラッと変わる

育毛剤と発毛剤の働き

メンズ

効果の違い

育毛剤や発毛剤は、自分で薄毛対策をするときに必要になる商品です。育毛剤は化粧品または医薬部外品に指定されているものが多く、スーパーやコンビニエンスストアなどでも購入することができます。育毛剤には頭皮の皮脂を抑えて炎症やかゆみを予防したり、血行を促進して頭皮を柔らかくしたりする効果があります。低刺激なので肌が弱い人でも使用できます。発毛剤には薬品が配合されているので、医薬品に指定されています。有名な発毛成分にミノキシジルがあります。ミノキシジルには強い血管の拡張作用があり、栄養や酸素を細胞に送る働きをします。ミノキシジル入りの発毛剤は薄毛治療をしているクリニックか薬剤師がいる薬局で購入することができます。

症状に合わせて使い分ける

薄毛のレベルに合わせて、育毛剤と発毛剤を使い分ける必要があります。抜け毛の増え始めや薄毛レベルがまだ浅い場合は育毛剤がおすすめです。育毛剤は手軽に使用できて、抜け毛に対してしっかり効果があります。ただし、ヘアサイクル改善まで時間がかかるので、慌てずコツコツ使用することが大切です。薄毛レベルが進行してしまっている場合は育毛剤よりも発毛剤のほうが効きます。発毛剤は育毛剤にはない発毛効果があります。髪が抜け落ちて薄毛になってしまっていても、発毛成分の働きでヘアサイクルが正常になり新しい髪が生えてきます。ミノキシジルは濃度が濃いほど発毛効果が高くなります。最初は1%から使い始めて、効果がないようなら濃度を上げていくのがお勧めです。